3分でわかる!「インパクトエフォートマトリクス」とは?やり方と例を使って3分で解説。
無料テンプレートをダウンロードできます。

 
仕事で使うパソコン
忙しいビジネスパーソンにおすすめ
いちいち企画書のテンプレート探して
ダウンロードするのが面倒!という方は
このページでは「インパクトエフォートマトリクス」のテンプレートがページ下からダウンロードできます。

「インパクトエフォートマトリクス」はどんなフレームワーク?

「インパクトエフォートマトリクス」は、プロジェクトやタスクの優先順位を決定するためのツールであり、顧客・プロジェクトのインパクトと実行に必要な努力を比較します。このマトリクスは、以下のように4つの象限に分けられます。

High Impact, Low Effort (高いインパクト、低い努力)

この象限には、優先して実行すべきタスクが含まれます。これらのタスクは、顧客・プロジェクトの成果に大きな影響を与える上に、実行に必要な努力が少ないため、効果的な戦略を構築するために最も重要なタスクとなります。

High Impact, High Effort (高いインパクト、高い努力)

この象限には、優先順位を慎重に検討する必要があるタスクが含まれます。これらのタスクは、顧客・プロジェクトの成果に大きな影響を与えるが、実行には多大な努力が必要です。この象限のタスクは、必要なスキルやリソースがある場合に実行するべきです。

Low Impact, Low Effort (低いインパクト、低い努力)

この象限には、優先順位が低いタスクが含まれます。これらのタスクは、簡単に実行できるが、顧客・プロジェクトの成果には少ない影響しか与えないため、後回しにすることができます。

Low Impact, High Effort (低いインパクト、高い努力)

この象限には、必要な労力や時間を費やす必要があるタスクが含まれますが、顧客・プロジェクトの成果に対する影響が低いため、優先順位は低いです。

インパクトエフォートマトリクスは、プロジェクトやタスクの優先順位を決定するための1つの方法ですが、全てのタスクやプロジェクトに対して最適な方法とは限りません。優先順位を決定する前に、プロジェクトの目的や優先度、リソースの可用性、利害関係者のニーズなどを考慮することが重要です。

「インパクトエフォートマトリクス」のテンプレートダウンロード

インパクトエフォートマトリクス

キーノートロゴ

「インパクトエフォートマトリクス」の
フレームワークテンプレートが
無料ダウンロードできます。

ファイルについて
PowerPoint (.pptx)形式
Mac Keynote等、無料アプリでも開けます。
忙しいビジネスパーソンにおすすめ
いちいち企画書のテンプレート探して
ダウンロードするのが面倒!という方は
1枚テンプレートをダウンロードする方は
メールアドレスを入力してボタンをクリックしてください。
登録いただいたアドレスにダウンロード情報をお送りします。


    このサイトのフレームワークマップです。

    思考につかえるフレームワーク

    何にでも使える基本フレームワーク
    マトリクス思考
    仮説思考(論理展開・営業トーク・プレゼン)

    企画アイデア発想からマーケティングプロセスまでのフレームワーク

    企画・アイデア発想
    1つのアイデア・キーワードからアイデアを広げる
    あるものの要素からアイデアを列挙していく
    現状・事実・仮定から考えてアイデアを出す
    マーケティング施策
    顧客心理段階で考える
    価格・市場などの要素で考える
    マーケティング施策の目標設定

    自社の戦略立案 / 分析 / 改善

    上のフレームワークマップのテンプレートをすべてダウンロードできます。
    忙しいビジネスパーソンにおすすめ
    いちいち企画書のテンプレート探して
    ダウンロードするのが面倒!という方は

    この記事を書いた人

    前の記事へ:ValueEffortマトリクス
    次の記事へ:ERRC
    忙しいビジネスパーソンにおすすめ
    いちいち企画書のテンプレート探して
    ダウンロードするのが面倒!という方は

    企画書もAIに書いてもらって仕事を効率化

    本サイト運営者 熊谷基継 著作

    企画力、プレゼン力がアップ!
    論理的思考が身につき仕事も効率化できる、最強のビジネススキルとは?

    本サイト運営者 著作
    マーケティングオートメーション: 5分でできるMA導入と成功する8つのプロセス
    ChatGPTと一緒に、仕事効率化アプリをつくる方法
    ▲ TOP