記事一覧

SWOT分析

SWOT分析とは、主に自社の経営・事業戦略を立てる時に使うフレームワークです。ハーバードビジネススクール …

ICEスコアリングモデル

「ICEスコアリングモデル」は、アイデアや施策の優先順位を決定するためのフレームワークです。ICEとは、Im …

SUCCESs

SUCCESsの法則は、アイデア発想やビジネスプレゼンテーションや広告などのコミュニケーションにおいて、効 …

PREP法

「PREP法」は、ビジネスでのプレゼンテーションやコミュニケーションにおいて、効果的な情報伝達を行うため …

5W1H

5W1Hは、ビジネスにおける情報収集や問題解決、報告書作成などに役立つフレームワークであり、以下の5つのW …

PAC思考

「PAC思考」は、問題解決や意思決定のための思考プロセスであり、Premise(前提・事実)とAssumption(仮定 …

アナロジー

「アナロジー」は、不確実性の高い現象を説明するための仮説や推測を立てる思考のプロセスです。

アブダクション

「アブダクション」は、不確実性の高い現象を説明するための仮説や推測を立てる思考のプロセスです。ある事 …

NEED WANTマトリクス

「NEED WANTマトリクス」は、企業や組織からの要請(Need)と担当者のモチベーション(Want)の2軸に業務内 …

シーズ思考

「シーズ思考」は、商品やサービスの特性や能力からアイデアを発想する方法です。以下に、シーズ思考のアイ …

ニーズ思考

「ニーズ思考」とは、人々のニーズに着目してアイデアを発想する方法です。以下にアイデア発想の手順を示し …

逆説設定法

「逆説設定法」は、ステファン・グロスマン氏が考案したアイデア発想法の1つで、通常とは逆のアプローチを …

マトリックス思考(X型L型)

マトリックス思考は、問題解決や意思決定において有効なフレームワークのひとつで、2つの視点(X型・L型) …

ウォントコミットメント

「ウォントコミットメント(Want-Commitment)」は、メンバー同士の理解を深め、協力し合うためのフレーム …

will-skillマトリクス

「will-skillマトリクス」は、部下のパフォーマンスを高めるための育成方針を考える際に役立つフレームワー …

ジョハリの窓

「ジョハリの窓」は、人間の自己認識や他者との関係性を理解するための心理学モデルのひとつです。このモデ …

ステークホルダー分析

「ステークホルダー分析」とは、プロジェクトやビジネスの目的や成果に影響を与える人々や団体(ステークホ …

PM理論

「PM理論」は、リーダーシップ行動を「P:目標達成機能」(Performance)と「M:集団維持機能」(Maintenan …

7S

「7S」は、マネジメントコンサルティング企業であるマッキンゼーが提唱した、組織を分析するためのフレーム …

トークスクリプト

トークスクリプトは、営業やテレマーケティングなどで利用される、顧客とのコミュニケーションの流れを事前 …

PDCA

「PDCAサイクル」は、継続的な業務改善を維持するための手法の1つです。PDCAとは、Plan(計画)、Do(実行)、C …

LTV分析

LTV(life time value)分析は、顧客の一生涯にわたる価値を評価する手法です。この分析では、企業は長期的 …

ABC分析

「ABC分析」は、商品や顧客などの重要度や優先度を分類するための手法の1つであり、マーケティング戦略の決 …

購買行動の4要因

「購買行動の4つの要因」は、コトラー氏が考案した購買行動に影響を与える具体的な要因です。

AARRR

「AARRR(アー)」は、ビジネスの成長段階を5つに分けるフレームワークで、以下のように表されます。

SIPS

「SIPS」とは、AIDMAやAISASのように顧客心理段階を表すフレームワークで、SNSに特化しているのが特徴です …

マーケティングファネル

「マーケティングファネル」は、顧客の購買プロセスを表すフレームワークで、顧客が商品・サービスを認知し …

AISCEAS

「AISCEAS」は、Attention(注意)、Interest(興味)、Search(検索)、Comparison(比較)、Examination …

AISAS

Attention(注意)、Interest(興味)、Search(検索)、Action(行動)、Share(共有)の頭文字をとった、 …

AIDMA

「AIDMA」とは、マーケティングにおける顧客の心理段階を表すフレームワークの一つで、以下の5つの段階から …

戦略キャンバス

「戦略キャンバス」は、ビジネスモデルを可視化し、競合優位性を構築するためのフレームワークです。戦略キ …

RFM分析

「RFM分析」とは、最近の購入日(Recency)、購買頻度(Frequency)、購買金額(Monetary)の3つの観点から …

コホート分析

「コホート分析」は、顧客の時間経過に伴う行動の変化を分析するための手法です。一定の期間内にサービスを …

BSCバランストスコアカード

バランススコアカード(BSC:Balanced Scorecard)は、企業の経営戦略を策定・実行するためのフレームワーク …

KGI KSF KPIツリー

「KGI KSF KPIツリー」は、マーケティング戦略のフレームワークの一つで、戦略目標(KGI)、成功要因(KSF)、 …

MFT

MFTフレームワークは、Market(市場)、Function(機能)、Technology(技術)の3つの単語の頭文字を取って …

ECRS

「ECRS」とは、業務改善のためのフレームワークです。「E(Eliminate):排除、C(Reduce):減らす、R(Rai …

ERRC

「Eliminate(取り除く)、Reduce(減らす)、Raise(増やす)、Create(付け加える)」の4つの頭文字をと …

インパクトエフォートマトリクス

「インパクトエフォートマトリクス」は、プロジェクトやタスクの優先順位を決定するためのツールであり、プ …

ValueEffortマトリクス

「ValueEffortマトリクス」とは、仕事などのタスクの優先順位ををマトリクス思考で考えるフレームワークで …

緊急度/重要度マトリクス

「緊急度/重要度マトリクス」とは、時間・タスク管理のためのフレームワークです。
単純なフレームワーク …

3つの基本競争戦略

「3つの基本競争戦略」とは、ポジショニング戦略のフレームワークです。
STP分析の最後、ポジショニング …

競争地位戦略

「競争地位戦略」とは、フィリップコトラー氏が考案した、ポジショニングのフレームワークです。
STP分析 …

5つのターゲティング戦略

「5つのターゲティング戦略」とは、STP分析のT、ターゲティングをするときの考え方です。
自社の規模や戦 …

ターゲティングの6R

ターゲティングの6Rは、「6R」とは、STP分析の、T、ターゲティングの要となる指標です。市場規模、成長性、 …

エクスカーション法

「エクスカーション法」とは、アイデア発想するためのフレームワークです。テーマとはあまり関係なく、「場 …

アイデアしりとり

「アイデアしりとり」とはアイデア発想のためのフレームワークです。アイデアを出したいテーマに対してポイ …

ブレイン・ライティング

「ブレイン・ライティング」とはアイデア発想の手法です。複数人でアイデアを出す手法になりますが、ブレイ …

セグメンテーションの評価(4R)

「セグメンテーションの評価(4R)」とは、マーケティング戦略を立てる上で必要なセグメンテーションをする …

PMI法

「PMI法」はアイデア発想のフレームワークです。あるテーマに関して、でてきたアイデアを以下の3つの視点 …

セグメンテーションの変数

「セグメンテーションの変数」とは、マーケティング戦略を立てる上で必要なセグメンテーションをするときに …

マズローの法則

「マズローの法則」とは、人の欲求は以下の5段階にわかれているという法則です。「生理的欲求」「安全の欲 …

特性(属性)列挙法

「特性(属性)列挙法」とは、あるテーマから、その属性を抽出して、その属性キーワードからアイデアを発想 …

プロコン分析

「プロコン分析」とは、あるテーマに対し、Pros(メリット) と Cons(デメリット)をあげて、そのテーマに …

欠点列挙法

「欠点列挙法」とは、アイデア発想法のフレームワークです。今ある商品やサービスについて、欠点や不満点を …

トレンド分析

「トレンド分析」とは、自社の売上・購買データ、検索やSNSなどのデータから市場・顧客のトレンドを分析す …

希望点列挙法

「希望点列挙法」とは、アイデア発想法のフレームワークです。今ある商品やサービスについて、「もっとこう …

CTQツリー

「CTQツリー」とは、顧客ニーズから、ニーズを満たすための検討するためのフレームワークです。ある顧客ニ …

シックスハット法

「シックスハット法」とは企画アイデア発想のためのフレームワークです。
シックスハットというだけあって …

QCD

「QCD」とは、Quality:品質、Cost:コスト、Delivery:納期の3つについて、それぞれが顧客(企業)満足の …

等価交換法

「等価交換法」とは、アイデア発想のフレームワークです。アイデアをだしたいテーマから直接考えるのではな …

サービスプロフィットチェーン

「サービスプロフィットチェーン」とは売上向上につながるための顧客満足度の向上をはかるためのフレームワ …

VSPRO分析

「VSPRO分析」とは自社の事業戦略を検討するときに使うフレームワークです。企業のマネジメントシステムが …

TRIZ(トリーズ)法

「TRIZ(トリーズ)法」とは、ゲンリッヒ・アルトシュラ―氏が考案したアイデア発想手法のフレームワー …

SCAMPER法

「SCAMPER法」とは、ボブ・エバール氏が考案したアイデア発想手法です。現存の商品やサービスを次の7つの …

アドバンテージ・マトリックス

「アドバンテージ・マトリックス」とはボストンコンサルティンググループは提唱したフレームワークで、事業 …

NM法

「NM法」とは、中山正和氏氏が考案したアイデア発想手法です。以下4つの流れで、アイデアを出したいテーマ …

ビジネススクリーン

「ビジネススクリーン」はGEビジネススクリーンともよばれ、GeneralElectrics社とマッキンゼーが考案したフ …

ゴードン法

「ゴードン法」は、アイデア発想手法の1つで、ブレインストーミングに少し手を加えたやり方になります。複 …

バリューポートフォリオ

「バリューポートフォリオ」とは自社の事業分析をして戦略を検討するためのフレームワークです。まずは縦軸 …

セブンクロス法

「セブンクロス法」とはブレインストーミングなど、複数のアイデアを出した後にそれらを整理して分析するフ …

アンゾフのマトリクス

「アンゾフのマトリクス」とは自社の経営戦略を検討するときに使うフレームワークです。マトリクス分析なの …

ビジネスモデルキャンバス

「ビジネスモデルキャンバス」とは企業のビジネスモデルを9つのパートにわけて整理し、その構造を視覚化す …

コア・コンピタンス分析

「コア・コンピタンス分析」とは、自社分析をして経営戦略を検討するときに使います。「事業・製品」→「コ …

KJ法

「KJ法」とは、ブレインストーミングなどで出した複数のアイデアをまとめる手法になります。KJは、考案者の …

イノベーター理論

「イノベーター理論」とは、商品やサービスを市場に出してから、普及するまでの、採用者(購入者)の増減を …

ブレインストーミング

「ブレインストーミング」とは、企画のアイデア発想法で、複数人でアイデア発想するのに向いています。メジ …

VRIO分析

「VRIO分析」とは、「Value 価値」、「Rarity 希少性」、「Inmmitability 模倣困難性」、「Organization 組 …

SCM(サプライチェーンマネジメント)

「SCM」とはSupply Chain Management(サプライチェーンマネジメント)の頭文字をとったもので、 商品が顧 …

デコンストラクション

デコンストラクションとは、ボストンコンサルティンググループが考案した、バリューチェーン分析を再構築す …

VC分析(バリューチェーン)

VC分析(バリューチェーン)のテンプレートが無料ですぐにダウンロードできます。「VC分析」は事業戦略にお …

PLC(製品ライフサイクル)

PLC(製品ライフサイクル)のテンプレートが無料ですぐにダウンロードできます。 「PLC(製品ライフサイク …

PPM

PPMのテンプレートが無料ですぐにダウンロードできます。「PPM」はプロダクト・ポートフォリオ・マネジメン …

クロスSWOT

「クロスSWOT分析」のテンプレートが無料ですぐにダウンロードできます。「クロスSWOT分析」はマーケティン …

KSF分析

KSFとは、Key Success Factorの頭文字をとったもので、日本語に訳すと成功要因、つまり事業を成功させるカ …

ファイブフォース

「ファイブフォース」はマーケティング戦略をたてるときの「調査・分析」フェーズで使うフレームワークです …

STP分析

STP分析とは、「Segmentation セグメンテーション」「Targeting ターゲティング」「P ポジショニング」の …

4P4C分析

マーケティング施策時に活用するフレームワーク4P分析と4C分析を組み合わせて使うフレームワークです。

4C分析

4C分析とは「顧客の価値 Customer Value」「かかる費用 Cost」「利便性 Convenience 」「顧客とのコミ …

7P分析

7P分析とは、マーケティング施策をたてる時に使うフレームワークです。
4P「Product 製品・商品 」「Pri …

4P分析

4P分析は、自社の商品やサービスをどの価格でどういったルートで販売して、プロモーションするかを一連の流 …

3C分析

3C分析は、マーケティング戦略を考える上で環境分析をするためのフレームワークです。
Customer:顧客・ …

MA マーケティングオートメーションとは?

MA/マーケティングオートメーションとは、 簡単にいうと 「日々の繰り返す作業や、あらかじめ決められた作 …

「MA/マーケティングオートメーション」書籍特典ダウンロード

PEST分析

PEST分析とは外部(マクロ)環境分析を行う時に使う分析手法です。アメリカの経済学者フィリップ・コトラー …

マンダラート(マンダラチャート) 

マンダラートはデザイナーの今泉浩晃氏によって考案さらたアイデア発想法です
マンダラートとは曼荼羅(マ …

オズボーンのチェックリスト

A・F・オズボーンが考案した企画アイデア発想の手法です。
しかもこのかたは有名なブレーンストーミングも …

「なぜなぜ」5回分析

「なぜなぜ」5回分析はトヨタで使われて広がった分析方式で、トヨタ自工の元副社長大野耐一氏が著書「トヨ …

イシューツリー

ロジックツリーと同じツリー上のフレームワークなので、よく混同されますが、
ロジックツリーは1つのテー …

ピラミッドストラクチャー

ピラミッドストラクチャーとは、ロジカルシンキングの一つで、主にコミュニケーション(自分の主張とその根 …

1 2

企画書もAIに書いてもらって仕事を効率化

本サイト運営者 熊谷基継 著作

企画力、プレゼン力がアップ!
論理的思考が身につき仕事も効率化できる、最強のビジネススキルとは?

本サイト運営者 著作
マーケティングオートメーション: 5分でできるMA導入と成功する8つのプロセス
ChatGPTと一緒に、仕事効率化アプリをつくる方法
▲ TOP